ヘッドイメージ
  • HOME
  • AirGRIDTM 連携

製造現場の課題

現場が見えにくい。旧型装置の稼働状況が把握できない。現場状況をリアルタイムで把握したい。

AirGRIDTM × XC-Gateで現場の見える化を実現

いつ止まった(AirGRIDTM)× なぜ止まった(XC-Gate)
の情報を収集できれば、生産性向上や現場の見える化など、
改善活動に役立てることができます。

システム概要

AirGRIDTM(※詳細はこちら)から取得したパトライト社の信号灯の点灯状態を
XC-Gateへ取り込み、タブレットで確認することができます。

現場が見えにくい。旧型装置の稼働状況が把握できない。現場状況をリアルタイムで把握したい。

※ AirGRIDは、株式会社パトライトの登録商標です。

導入メリット

今まで把握困難であった現場の状況を見える化

・設備の稼動データと、タブレットからの手入力データを紐付けて管理可能

・設備が「いつ、なぜ止まったのか」を収集。履歴として蓄積する。

データを加工し、非稼動要因の分析を行うことで、具体的な改善策を実施、
設備の生産性向上につながります。

設備非稼動の いつ、なぜを把握し、現場の見える化を実現!
お客様の改善活動をアシストし、生産性向上に貢献いたします。

AirGRIDTMとは

AirGRIDTMとは、パトライト製信号灯に乗せるだけで、設備稼働状態が無線で転送されるシステムです。
取得データをもとに、生産工程のボトルネック改善など、ユーザーの目的にあった様々な情報活用が可能になります。
国際標準通信規格を採用した安心で確実な無線通信は複数台の同時運用でも安心の通信精度を誇ります。
「信号灯情報=点」「無線=エア」点と点は結びつき、エアを介して一つの情報の「グリッド」となる。
それが、ワイヤレス・データ通信システム『エアグリッドTM』です。

株式会社パトライト様エアグリッドサイト

お問い合わせ