テクノツリー

オプション機能

オプション機能

こちらでは、XC-Gateにおけるオプション機能を掲載しています。

■ AD連携
ドメイン管理されているユーザ情報と共通のユーザーIDとパスワードをXC-Gateで使用するため、複数のユーザーIDとパスワードの管理が不要になります。

※参考記事「AD連携」オプション機能のご紹介

■ OPCサーバ 連携
OPCサーバと連携することにより、帳票画面上にOPCサーバ経由で読込んだPLCの値を表示できます。

■ PDF出力
実績登録する際に、利用者画面上から入力した実績を利用者画面とは別のタブにPDFファイルとして表示します。

■ PDFお絵かき機能
XC-Gate.ENT上で、PDFファイルにお絵かきする機能を追加します。
PDFファイルに手書きで書き込み、画像として保存します。

※参考記事「PDFお絵かき機能」機能のご紹介

■ PLC 連携
PLCと連携することにより、帳票画面にPLCから読込んだ値を表示できます。

※参考記事「PLC連携」機能のご紹介

■ SSL通信
XC-Gate.ENTのサーバとクライアント端末の通信を暗号化し、セキュリティを強化します。

■ SQLタグ
SQL文で読込んだデータを、XC-Gate.ENTの帳票上に表示します。

※参考記事「SQLタグ」オプション機能 のご紹介

■ URL連携
ユーザーが作成したWEBページから、XC-Gate.ENTの帳票画面を呼び出し、帳票を自動的に表示します。
※オプション機能で「値渡し機能」「自動ログイン機能」があります。

※参考記事「URL連携」オプション機能のご紹介

■ WebAPI
各API群は、HTTPプロトコルにより、JSON形式データの送受信を行うため、開発言語を問わず異なるシステムから、XC-Gate.ENTの実績などを利用できます。

※参考記事「WebAPI」オプション機能のご紹介

■ Webクエリ連携
XC-GateのWebクエリオプションは、XC-Gate上の実績データをExcelのWebクエリ機能で取り込みできるよう、専用のURLを生成するオプションです。

※参考記事「Webクエリ」オプション機能のご紹介

■ 多言語対応機能
XC-Gate.ENTを多言語に対応する機能です。 ※2017/6/1時点で、日本語と英語対応のみ対応しています。

■ 印刷
実績登録する際に、利用者画面上から入力した実績をXC-Gate.ENTサーバで標準設定されているプリンタに印刷します。

■ グラフ表示
Excelで作成したグラフをXC-Gate.ENT上で表示できます。

※参考記事「グラフ表示」機能のご紹介

■ 操作ログ
XC-Gate.ENTのアクセス履歴や操作履歴を確認できます。

■ 実績の自動インポート
CSVファイルをXC-Gate.ENTサーバ上のフォルダに保存することで、管理者画面を経由せずに実績データをXC-Gate.ENTにインポートできます。

■ マスタの自動インポート
CSVファイルをXC-Gate.ENTサーバ上のフォルダに保存することで、管理者画面を経由せずにマスタデータをXC-Gate.ENTにインポートできます。

連携オプション

■ AirGRID 連携オプション
AirGridと連携することにより、帳票画面にパトライトのランプ状態を表示できます。

※詳しい詳細はこちら株式会社パトライト社様 WEBサイト

■ CheX連携オプション
CheXの図面上のピンからXC-Gateの帳票にアクセスでき、図面と帳票を紐づけた管理が可能です。

※詳しい詳細はこちら株式会社YSLソリューション社様 WEBサイト

■ Motionboard 連携オプション
XC-Gate.ENTで保存したデータを各社BIツールと連携し、BIツール上でリアルタイムで分析/共有できます。

※詳しい詳細はこちらウイングアーク1st株式会社様 WEBサイト


機器データの収集(AirGRID)

製造現場の課題

AirGRIDTM × XC-Gateで現場の見える化を実現

システム概要

AirGRIDTM(※詳細はこちら)から取得したパトライト社の信号灯の点灯状態を
XC-Gateへ取り込み、タブレットで確認することができます。

導入メリット

メリット1

今まで把握困難であった現場の状況を見える化

・設備の稼動データと、タブレットからの手入力データを紐付けて管理可能

・設備が「いつ、なぜ止まったのか」を収集。履歴として蓄積する。

メリット2

データを加工し、非稼動要因の分析を行うことで、具体的な改善策を実施、
設備の生産性向上につながります。

設備非稼動の いつ、なぜを把握し、現場の見える化を実現!
お客様の改善活動をアシストし、生産性向上に貢献いたします。

AirGRIDTMとは

AirGRIDTMとは、パトライト製信号灯に乗せるだけで、設備稼働状態が無線で転送されるシステムです。
取得データをもとに、生産工程のボトルネック改善など、ユーザーの目的にあった様々な情報活用が可能になります。
国際標準通信規格を採用した安心で確実な無線通信は複数台の同時運用でも安心の通信精度を誇ります。
「信号灯情報=点」「無線=エア」点と点は結びつき、エアを介して一つの情報の「グリッド」となる。
それが、ワイヤレス・データ通信システム『エアグリッドTM』です。

見える化ソリューション(MOTIONBOARD連携)

集めたデータをどう使いますか?

XC-Gateは現場にある様々なデータをタブレットで簡単に収集・電子化出来るツールです。
ペーパレス・電子化を簡単に実現出来ます。

では次に「集めたデータ」をどう活かしますか?
MotionBoard(ウイングアーク1st社)との連携は「効果的なデータの活かし方」を実現できるコラボソリューションです。

導入前イメージ

XC-Gateのみ導入後イメージ

MotionBoard導入後イメージ

連携効果

問題点

・時間がかかりムダが多い!!

・紙からExcelへの転記は、集計に時間がかかっていた

・Excelのグラフ機能だと加工が必要になり無駄な時間がかかっていた

・報告書を見るまでのスピードを上げたい。

メリット1

・間接作業時間の削減により付加価値作業の創出できる!

メリット2

・報告のタイムラグをなくすことで課題対応の遅れの解消

・PDCAサイクル速度の向上

メリット3

・ドリルダウン(掘り下げ)

・欲しい情報へのアクセス向上

・膨大な情報をタイムリーに高速処理!

・リアルタイムにデータを活用!

MotionBoardって?

企業を取り巻くデータを価値ある情報に変える、現場改善BIツール

業務の効率化、円滑な情報提供、そして迅速な意思決定。激しく変化するビジネスをリアルタイムに把握することが、成功に直結する時代です。だからこそ、今、誰もが手軽にデータを使いこなせるBIツールが求められています。
MotionBoardは、企業をとりまくさまざまなデータを価値ある情報に変える、表現力と分析力を兼ね備えた情報活用ダッシュボード(国産BIツール)です。

専門知識を必要としない直感的に使える操作性と、現場の様々な要求に対応可能な柔軟性のある表現力、タブレットでいつでもどこでも情報を入手できるなど、現場部門でのデータ分析・活用を強力に支援します。
現場が持っている経験や勘に、BI(ビジネス インテリジェンス)による“データ力”をプラスし、的確かつ迅速な意思決定と、次のアクションへのスピードを加速させます。

ページの先頭へ